名前:アルバ

本名:アルバ・ルベン(Alba・Reuben)

性別:男

Ship5:ラグズ

誕生日:A.P.219年7月12日

年齢:19歳

身長:185cm

体重:60kgぐらい

一人称:俺

二人称:お前

メインクラス:気分で変わる(本職はBr)

サブクラス:気分で変わる(サブ本職はBo)

種族:ニューマン

髪色:銀色の髪に毛先が赤紫のツートン

目:紫(ヘビ目小)

CV:細谷佳正(男性追加ボイス99)

性格:基本的に冷たくぶっきらぼう。認めた相手にはそれなりに素直にはなる。

好きなもの:特に無し。あえて言うならトバルカイン(家族的な意味で)

苦手なもの:人(苦手というか嫌いで迷信を信じる人はもっと嫌い)

マグ:打撃・射撃・法撃(+技量)に特化したの3つ。気分で形態が変わる。

“嘘吐きアルバ”の異名で知られているアークス。口調が荒く冷たい態度が目立ち、その言動は真実なのか

偽りなのかの判断も難しい言い回し、雰囲気で物事を語り騙る。他人を信用しておらず、時折醜悪な笑みを浮かべては相手の憤る姿を楽しげに眺める事も。しかしその行動は、「紫の目は嘘吐きの証」という迷信によって幼少期から嘘吐き呼ばわりをされた為のもので、その迷信が原因で今のような性格になった。「周りがそう呼ぶのなら、そういう風に見せ掛けて後で後悔させればいい」という考えから来るもので、一度も嘘を吐いた事はない。常に本当の事しか言っていないのだが、いくら本当の事を言っても誰も信じてくれない為、基本的に自分以外の他人は敵と認識している。

 

国籍は不明だが西洋の生まれではある。物心ついた頃から家族はおらず天涯孤独で生きてきた。生きる為に必要な知識や技術は身に付いてるものの礼儀作法は良いとは言えない。言葉に関しては口は悪いが複数の言語を操る事は出来、言葉に対する学習能力は高いのか大抵の言葉は短期間で会話するには困らない程度には覚える。戦い方も生きる為に必要だった為に覚えたもの。様々な武器を多彩に使いこなすが刀や剣を好んでいる。

 

唯一信用しているのが家族でもあるトバルカインただ一人である。生まれも育ちも違うが、ただ一人初めて自分の言葉を信じてくれた為、特別な感情を抱いている。彼の失くした左腕に関して負い目を感じており、不器用ながらも常に気遣っている。過去に起きたとある凄惨な事件の全容を知り、それでいてその中心人物でもある。

 

「俺の言葉が嘘か本当かはお前が勝手に決めろ。ま、“嘘吐きアルバは嘘は吐かない”んだけどな?」

「めんどくせえからさっさと死ねえ!!!」